プロフィール

rss_003_e-trans.png 

kiwa3をフォローしましょう

カテゴリー

iPhone4s

さくら

FX

過去の記事

コーラに牛乳を入れると!?



価格.comブロードバンドプロバイダ比較
JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス




びっくりですな。

レモンと牛乳似たいなものか。。。

民法 意思表示



価格.comブロードバンドプロバイダ比較
要素の錯誤

・要素の錯誤は無効である。
例:BがAからマンションを購入するにあたって、Bの法律行為の要素に錯誤があったときは、Bの意思表示は無効となる。
解説:そもそも、勘違いで(要素の錯誤)でAからマンションを購入しようとしていたのであるから、無効なのだ。
自分がBの立場になって考えてみよう。

通報虚偽表示

・通報虚偽の場合、意思表示は無効とされるが、この無効は善意の第三者に対抗できない。
例:AとBがマンションを売買する意思がないにもかかわらず、通謀して売買契約を締結した場合、この売買契約を善意の第三者(AとBの通謀を知らずに購入しようするもの)に対抗できない。
解説:自分が善意の第三者になって考えてみると理解できるだろう。

強迫による意思表示

・強迫による意思表示は、取り消すことができ、常にこの取り消しを第三者に対抗できる。
例:AがBから強迫を受けて、マンションを購入した場合、取り消す事ができ、この取り消しを第三者に対抗することができる。
解説:自分が強迫を受けてマンションを購入して、取り消しができなかったら冗談では済まされないであろう。
なお、強迫の場合は、取り消しを第三者に対抗することができる。

心裡留保

・心裡留保による意思表示は有効であるが、相手方が表意者の真意を知っていたり、知ることができたときは無効である。
例:Aがマンションを購入する意思がないのに、Bと売買契約を締結した場合、BがAの購入意思の有無を知っていた場合は無効である。
解説:自分が買主の気持ちになって考えてみよう。
買う気がないのにBとマンション売買契約を締結したとしよう。
Aの真意を知らないBは、保護されるべきである。
しかし、Bがもし、Aの真意を知っていた場合は、無効なのだ。