プロフィール

rss_003_e-trans.png 

kiwa3をフォローしましょう

カテゴリー

iPhone4s

さくら

FX

過去の記事

1リッター44キロ!?走る車!!!!!!



価格.comブロードバンドプロバイダ比較
ソース:IZA
 トヨタ自動車が、ガソリン1リットル当たりの走行距離が40キロ台半ばを超える燃費性能を持つ小型ハイブリッド車(HV)の開発を進めていることが分かった。

来年後半らしい。

当分、車を買うのを待とう。

来年発売のレクサスCT200Hを購入する予定であったが、もう少しハイブリ買うなら、我慢した方がよさそうですな。

新型マーチの26キロに驚き、冬にはフィットのHV・・

もう、興奮しまくりだす。

日本の自動車業界で、燃費に関する技術提供を各社で締結して、お互いに堂々とパクリマクリスティー。

さすれば、世界一になると思いますけどな。

パーツをOEMで各メーカーのいいとこを組み合わせても面白いでしょうな。

コメント
 現在の機械工学における構造材料の耐久性に対する主な問題点は強度ではなく、摩擦にある。島根大学の客員教授である久保田邦親博士らが境界潤滑(機械工学における摩擦の中心的モード)の原理をついに解明。名称は炭素結晶の競合モデル/CCSCモデル「通称、ナノダイヤモンド理論」は開発合金Xの高面圧摺動特性を説明できるだけでなく、その他の境界潤滑現象にかかわる広い説明が可能な本質的理論で、更なる機械の高性能化に展望が開かれたとする識者もある。幅広い分野に応用でき今後48Vハイブリッドエンジンのコンパクト化(ピストンピンなど)の開発指針となってゆくことも期待されている。
  • 地球環境直球勝負(GIC結晶)
  • 2017/09/03 2:21 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック