プロフィール

rss_003_e-trans.png 

kiwa3をフォローしましょう

カテゴリー

iPhone4s

さくら

FX

過去の記事

石川島播磨重工業、下請法違反の疑いで公取委から警告



価格.comブロードバンドプロバイダ比較
引用元:asahi.com
石川島播磨重工業(本社・東京)が03年、下請け業者に対し、下請代金支払遅延等防止法(下請法)で渡すことが義務づけられている代金などを示した書面を渡さずに、製品を発注していたなどとして、同法に基づき、公正取引委員会から警告を受けていたことがわかった。

 同社によると、相生工場(兵庫県相生市)で03年3月ごろ、下請け代金を決めないまま口頭や見積もり照会書で事実上の発注をし、製品納入後に代金などを記載した注文書を渡す取引が度々あったという。同5月、公取委から下請法違反の疑いがあるとして文書で警告を受け、改善報告書の提出を求められたという。

 下請法は下請け業者が親事業者から不利な扱いを受けないようにするため、親事業者が発注時に下請け代金や支払期日を記載した書面(注文書)を下請け業者に渡すことなどを義務づけている。

よーく知られていない法律何ですね。。こりが
け、、、結構、取引っていいかげんだったりするのも事実。。
億単位の仕事でも、契約書なし、注文書なし、口頭なんてのもザラにあります。
ビジネスは信用だ!
なんてよく聞きますが、上記のニュースは、この信用という言葉のの誤認識でしょうな。

たまに会社に掛かってくる仕事依頼の電話



価格.comブロードバンドプロバイダ比較
タウンページを見てからなのか・・
たまに?な仕事依頼の電話が掛かってくる。
そういう時は、私に内線を回すように事務には伝えているのだ。
け・・決して暇つぶしではありませんぞ冷や汗

昨日は、ハウスクリーニング作業のお手伝いしてくれる人を何とかできないか・・
うーむ 当社が協力会社に出している分野だ。
しかも、ハウクリは儲からないので基本的にはお受けしないのだ。
なので、お断りをした。
そして、今日もまた同じ人から掛かってきた。
個人で商売をしているのだろうか・・
声が焦っている・・
可愛そうだ。
一旦、電話を切り、当社の協力会社に電話を掛けた。
直接、当社の協力会社の社長と、やり取りしてもらことにした。
自分で言うのもなんだが、オイラって優しいラブ
お金にはならないし時間の無駄なのだが、何かこういう人はほっとけない。
経営者は経営者に弱いのだ。
お礼にでも来てくれたら、仕事を発注しますぜ!
まっ そこまでの個人経営者はなかなかいませんな。
人との出会いを大切に出来ない人は、あきませんぞ。

苦渋の決断 協力会社1社と取引停止



価格.comブロードバンドプロバイダ比較
3年程前から、取引をスタートさせた協力会社がある。
その協力会社と全取引を停止する方向で、社内調整をしています。
取引停止の理由は、一つだけ・・
円滑な取引が出来ない・・
ただそれだけなのですが、重要なポイントです。
ビジネスの決断は実に残酷で、この選択をしなければ、こちらにも被害が及びます。
何度お話ししても理解してくれない、若い経営者(私も若いが)・・
決めた以上は後に戻れません。
発注額、内容から考えても、こちらの提示する条件は好条件だった。
もう社内調整で動いているので後戻りは出来ない。
協力会社の売上げ規模から考えても、致命傷だ。
屁理屈のプライドで、経営者気取り、怠慢・・
直りませんよね。
この苦渋の決断によって、また新たな協力会社2社を登録する。
また新しい関係が構築されるだろう。

せめて、壊れた商売道具を早急に修理してくれれば、社内調整して後戻りは出来ないとは書いているが、関係の修復はできますぜ。
なんとかそれぐらい出来ぬものだろうか?

公正取引委員会からの特定企業調査について



価格.comブロードバンドプロバイダ比較
公正取引委員会ホームページ
大企業と取引していると、必ず特定企業調査なるものが送られてきます。
何だかよーくわからん?
書いとこか・・
そんな中小企業の経営者が多いのではないでしょうか。
基本的に、この調査に協力する義務はありません
どうしても書きたいんや!違法な取引を強要されてまんねん!
なんて所は、書いたらいいのだろうが、公正な取引の基準は難しいですぞ。
売上得意先を密告したが、実は自分の会社も、協力会社に同じようなことをしていた撃沈
これもよくある話です。

下請けが仕事を履行していなかった



価格.comブロードバンドプロバイダ比較
えっ こんなことあるの?
そうあったのです。
理由は、社長が倒れて入院したから・・
連絡できないほどでもないようだ・・
同業他社からも、こんな話を数度聞いたことがある。
父ちゃん母ちゃん企業のモラルは意外と低い。
10年間ぐらい仕事を発注して、お付き合いのある協力会社を観察してみよう。
10年たっても、父ちゃん母ちゃん状態から、変わっていなければ要注意ですぞ。
社長が倒れれば、駄目だからだ。
それ以外にもあるが、個人経営の会社とのお付き合いはとにかく難しい。
企業規模が、小さいから安いという発想自体が、そもそもよくない。
人のすることには必ずムラがある。
下請けに価格の協力要請をしても、安かろう悪かろうになります。
適正価格で仕事を取り、いい価格で発注する。
それが、いい利益を生み、よりよい仕事をする。
予算があれば、よりよい提案をしていく。
それがこの業界の付加価値ではないだろうか。

安く仕事を請けたから、金額分しかしませーん!じゃ通じません。
どうせこの価格でしか取れないから、無理だから・・
ネガティブ思考の、個人社長は大嫌いです。
さー来週は、私も現場立会いをし、協力会社と孫受け社長を小1時間問い詰め・・
ではなく、これからさらにいい関係を気付けるように、報告、管理の仕組みのお話をしようと思います。

協力会社の登録



価格.comブロードバンドプロバイダ比較
おー もうお外が明るい。
寝なければ。。寝なければ・・
しかーし、朝焼けはいい!
前置きこれぐらいで、昨日、仕入先の社長から、協力会社を紹介してもらった。
業務責任者との会話を地獄耳でキャッチしていたのだが、特に問題はなさそうだ。

協力会社の決算書の正しい見方



価格.comブロードバンドプロバイダ比較
上場していない会社の決算は、結構いいかげんだ。
中小企業は同族経営が多いので、特にいいかげんだ。
その会社の経常利益(ケイツネ)を見ると、その会社のいいかげんさが見えてくる。
同族を社員にしている場合は、経常利益(ケイツネ)を出しすぎると、どのみち税金(法人税)で取られるので、ある程度は、どこの会社も調整している。
そもそも粉飾決算と最近では騒がれているが、一昔前ではそれが慣習だったのだ。
いいのか、悪いのかの話をしても仕方ないので、協力会社の業者登録時に決算書で一番気をつけないと行けないところはどこか?
教えます。
頭の固い人は、売り上げ、自己資本比率なんかを気にするが、一番重要なのはその会社が長年のお付き合いが出来るか?
その観点で考えたときは、経常利益(ケイツネ)だけ見ればいい。
過去、3年程度の経常利益(ケイツネ)を見て、ほぼ同じ数字であれば、安定している会社だと思えばいい。
逆に、経常利益(ケイツネ)が毎年、バラツキがある場合は倒産する可能性があるので、調査したほうがいい。
理屈を書くと長くなるので、とにかく、その会社のバランスを建前の視点で見ても分析は出来ない。
これが中小企業の怖さだ。

私の口癖
数字は嘘をつかない

末端の協力清掃会社は大変だ



価格.comブロードバンドプロバイダ比較
本日、協力会社の社長と、私と業務責任者と今後の方針について打合せをした。
まずは雨降りの日の対応策、作業での付加価値、作業効率についてだ。
付加価値の少ない業界と言われているが、新しい知識だけの管理手法だけでは上手くは行かない。

協力会社に望むこと、共に成長すること



価格.comブロードバンドプロバイダ比較
建物管理業界はまだまだ、景気回復の兆しが見えない。
当社も他社に協力会社として加わっているのだが、そろそろ付き合い方の見直しをする時期にきている。
現状の同業他社は、協力会社を減らしている状況、強引な値引き強制で安かろう、悪かろうで仕事のレベルがどの業種においても下がってきているよう感ずる。
そんな厳しい状況だが、当社は協力会社を増やしている。


協力会社とのシナジー効果



価格.comブロードバンドプロバイダ比較
最近のニュースで、良く聞きませんこの言葉。
和訳すると意味が違ってくるので、あくまでも日本のビジネス用語は和製英語ですから。
ようは相乗効果でなんです。
この相乗効果とは、従来の元請、下請の関係では期待出来ません。
大手の会社はこのシナジー効果を誤認識している場合が多く、非常に危険です。
例えば、グループ会社の野球チケットを下請会社に買わせるだけ・・
それは単なる、押売りですから。
続きを読む >>

前のページ  | トップページに戻る |  次のページ